トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

北海道ツーリング記録(6日目)

8月25日 天候(曇りのち雨) ◆走行ルート(大雑把ルート):初山別~中頓別~網走~斜里
画像
朝5時起床。このまま道北に居れば雨に合わずにすむのだろうが、このまま道北に居ると、 一番行きたかった知床や富良野の行くことができなくなるので、意を決して雨の道東を目指す事にした。 雨を走行するとなるとBOXから荷物もスムーズに出し入れ出来なと荷物が濡れてしまうので、 荷物の整理を行う。
画像
そんな中、隣の方は出発準備も早々に済ませ、スタートの所を声をかけて1枚撮影。 僕より年配だけど、自転車で回っている。すごいなぁ。。。
画像
そして、昨夜テントの設営に困っていた青年も行き先が異なるので、ここでお別れだ。 栃木の那須塩原からきたとの事。10代最後の夏と言っていた。若さがうらやましかった。
画像
そして、こちらのカップルの方は北海道の帯広にお住まいとの事で、これから自宅に帰るとの事。 帯広方面には雷注意報が出ていましたので、帰宅するのに大変だったと思います。
画像
■08時30分■ キャンプ場を出発。オロロンラインを少し北上する。北上するぶんには、天気は大丈夫んのようだ。
画像
朽ち果てた酪農地なのか、それなりに絵になるのが北海道なのか
画像
日本海とさよならして、内陸に向かい山中を走るルートになる頃から天気は怪しくなってきた。 ■10時00分■ 「道の駅おといねっぷ」到着。でトイレ休憩。まだ売店が閉まっていた。
画像
■10時30分■ 「道の駅ピンネシリ」到着
画像
■11時00分■ かなり山の中に入ってきたと思ったら、道のあちらこちらでキタキツネが。。。
画像
画像
山間部を抜け、オホーツク海の道を網走、斜里方面に走行。 ■12時50分■ 「道の駅おうむ」到着。食事タイム
画像
この道の駅でしか食べられないと書いてある「韃靼コロッケ」を食べようと、中に入るとコロッケ以外にそばもあった。 そばとコロッケのセットがメニューにあったので、セットを注文。
画像
こちらがそばとコロッケのセット。
画像
画像
見た目は普通のコロツケで、味も特段変わったものではなかった。
画像
■16時10分■ 「道の駅・はなやか小清水」に到着。食事タイム。
画像
以下の3品を購入。 ・とうふハンバーグ100円 ・ほっけフライ200円 ・じゃがいもフライ150円
画像
まず関東では食べる事の出来ないであろうほっけフライ。
画像
ここまで来ると完璧な雨となりずぶ濡れ状態。目的地のライダーハウスクリオネを目指し出発。
画像
■17時00分■ 「ライダーハウスクリオネ」到着。 ログハウス風の綺麗な建物の中に受付がある。
画像
玄関からの風景
画像
玄関右手が受付。
画像
1階フロアー
画像
1階から2階を見上げた感じ。
画像
受付で宿泊の申込みをしようとしたら、 すでに500円で利用できる大部屋は満員だよと告げられ、ログハウスの2階にある 1000円の相部屋なら空いているとの説明を受け、その相部屋を利用させて頂く事にした。 2階には2つの相部屋があり、一つは「いびき部屋」の看板があり3人部屋。
画像
もう一方の部屋は特別な看板はなく5人部屋。
画像
どちらの部屋もまだ誰も居ない状態だったが、いびき部屋を選択し、すぐに風呂に入った。 そして20時頃まで、いつの間にか寝ていたが、目が覚め起きてみると同部屋に1名のライダーが 居て洋服を干していた。 その方と話し込んでいたら、時刻が23時近くなっていた。とっくに就寝時間を過ぎていたのですぐに 寝る事にした。