読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

格安ガス充填工作

コスト重視で、今まで安価なガスボンベが使用出来る携帯コンロを使用していたが、重量と荷物としてかさばる事から超軽量・超小型コンロを購入。
以前、使用していたコンロと並べて比べれば一目瞭然。。。じゃないかな(^^;

昔は再軽量だったようです。
今ではこれより小さく軽量なコンロが多々あるようですが。。。

チタンを使用したギミック感溢れる作りで気に入りました。

そうなると、使用出来るガスは専用ボンベとなり、安価なガスボンベが使用出来なくなりました。
なので、安売りガスボンベから専用ボンベに充填出来れば安すむのではと、webを検索したら、先駆者の方のベージが見つかり参考にさせて頂き、自作した記録になります。

メーカーは再充填は禁止事項と書いてありますから、真似しないようにね
危険な工作なので、真似て損害を生じても当方は一切責任を負えません。


1)空のガスボンベ管の底を抜く。

2)上部の金具を取る。

3)これが金具

4)ドリルで穴をあける。

5)そのままでは充填するボンベの口に入らなかったので、先を削る。

6)シリコンチューブで金具とボンベを繋いだ状態。こんな感じ。

7)ガスを送り込むボンベは上で、充填するボンベは下にする。下のボンベを冷やし。上のボンベを暖めるとスムーズに充填出来る。

8)充填後に計測。このボンベは満充填は190gだったので、この値あたりで止めておく。
満充填は危険を伴うようですからね。