読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

8月21日 天候(曇り)

バイク 旅行 フォルッア ツーリング

走行ルート(大雑把):苫小牧港〜静内〜襟裳岬百人浜キャンプ場

茨城県の大洗港を出て、船の中で朝を迎える。
エコノミークラスの部屋は、いわゆる雑魚寝部屋で、大勢の人が寝ている場所
でもあり、深夜でも色々な音が聞こえてくる。

誰もカーテンを開けないので、いつまでも部屋の中が薄暗い。
そんな辛気臭い部屋を出て、船内を散歩すると至る所でゴロ寝している人を見かける。
ここは昼間はキッズルームだけど、大の大人が横になって寝ていた。
そして、こちらはロビー付近のソファーで寝ている人。

深夜や早朝の駅のベンチでよく見かける光景が船内でも見ることができた。

いい夢見てますか!?
5時頃に甲板に出ると曇り空が広がっていた。この先の天候が気になるなぁ〜

そして、6時30分から入浴できるお風呂で朝風呂に入りキッチリ目が覚めた。
以下の画像は10時頃の天気であるが、やはりくもり空。

定刻通り、苫小牧港には14時に到着。下船まで待たされるかと思いきや、サクサクと降りる事が出来て14時10分には、北の大地に降り立つ。

既に沢山の観光客と思われる人達でにぎわっていた。自分はクーポン券を利用できるお店を探して、お店を発見。海鮮ラーメンを注文。880円(クーポン割引50円)

ラーメンを食べ終えて、出発準備が整ったのが14時30分過ぎとなっていた。これから目指す場所は、北海道ツーリングの達人からお勧めの場所として聞いた静内である。

地図を見ると近いように感じるけど、本州と同じ感覚では大変な目にあいそうなので、ここは相棒のちょいナビに地点を登録し距離と時間を調べスタートした。

北の大地を走り始めて感じた事は、道幅が広い事だった。そしてどの車も最低でも80kmくらいは出しているように感じた。天気はまだ崩れそうもなかった。

少し走ると、苫小牧東港の看板が見えてきた。苫小牧港から約30km離れた場所のはずだけど、すぐに来てしまった感じがする。1〜2時間くらい走り海沿いの道になってきた。静内が近づいてきた。

海岸線をしばらく走り静内付近に到着。

北海道ツーリングお勧めのキャンプ場付近まで来たのだが、時間もまだ早いので、もう少し走ろうかと思い走った。すると風景が次第に変わり始め、道と海が近づいてきた。

後ろを振り返ると、雲が後ろから追っかけてきている感じだったので、このまま先に進む事にした。

この時点でとりあえず目指す目的地は襟裳岬に変更。となると宿泊場所はどうするかとmapを見て、襟裳岬そばにある「百人浜キャンプ場」に決め前進した。進行方向先に見えるは襟裳岬か?

岬の看板が見えて登り坂になり襟裳岬付近まできた。既に日は傾きかけ夕日になろうかとしていた。

ここまでくればBGは森進一の「襟裳岬」なのだろうが、なぜか山本コウタロウの「岬めぐり」が頭の中で流れていた。そして襟裳岬の駐車場に到着。(18時頃)

ここで数枚写真を撮影。

お土産屋の店員がヒマそうにしていた。

そしてこちらは、有料施設の「風の館」中ではBGで「襟裳岬」が流れていると聞きましたが、真相は如何に?

PHSのアンテナが珍しくビンビンに立っていたので、今日の宿泊先となるキャンプ場へ電話をし受付時間の確認い、そこまでの所要時間を聞くとバイクで5〜10分程度と教えてくれたので、ここから先はゆっくり走行する事にした。
キャンプ場に着いて受付し、テントを設営したのち、近くにある風呂に向かった。

施設は温泉ではないようだ。

特に目立った特徴もなく、大人が8名くらい入れる湯船が1だけあった。

風呂から出て、キャンプ場に戻り、インスタントラーメンを食べて、就寝。

天候(晴れのち曇り)

船で想像以上に快適な一夜を過ごし、夜明けより早く目覚め船内・船外を散歩。
6時30分より入浴可能となる船内の風呂に入る。朝風呂は気持ちがいい。

心配していたうねりもなく、本当にくつろいだ時間だった。
苫小牧港に定刻通り14時到着。トラック・徒歩・車・バイクの順番で下船が始まり14時30分頃に下船した。

たまたま船内のパンフレットで苫小牧港そばにある観光市場のクーポン券があったので、そのクーポン券の案内図を頼りに市場に立ち寄り海鮮ラーメンを注文。北海道に着いて最初の食事だ。クーポンで50円割引で880円

海鮮ラーメンを食べ終え、出発準備が出来た時間は15時。予定より遅れ気味である。
と言うか、予定はハッキリ決めていなかったが、友人から初日は、静内付近が妥当では

とアドバイスをもらっていたので、静内を目指しスタート。予想以上に道幅が広くスピードを出せる雰囲気。地図を見ても距離感が湧かず、目指す静内が遠いのか近いのか、ピンとこないまましばらく走り続けた。

しばらく快適に走っていると、苫小牧東港付近まで来た。スタート地点から約30kmは離れている場所が思っていた以上に早く通過出来た。時間計測していなかったので詳しくはわ

からないが都内の2倍以上の移動距離は進めそうな感じだった。目的付近の静内は海岸線を走る景色も快適な道だった。晴天ではなかったので、海の色はさほど綺麗に見えなかったけ

どおだやかでいい景色だった。今思うと、磯の香がもっとするかと思ったがあまり感じる事が出来なかった。16時頃には静内付近まで来ていたので、宿泊をどのキャンプ場にしよう

かと迷っているうちに、どうやら静内を過ぎてしまったようだった。特に予約をしたわけでもないから、このまま進んでみるかと思い、とりあえず今度は襟裳岬を目指す事にした。

襟裳岬には17時過ぎに到着。写真を数枚撮影し近所にあるキャンプ場に電話をし、受付時間を確認。まだ時間的に余裕はあったけど、暗くなってからのテント設営は苦手なので、キ

ャンプ場に向かう事にした。目指すキャンプ場は「百人浜キャンプ場」である。襟裳岬からバイクで5〜10分くらいの近場であった。

程なくキャンプ場に着いて受付を済ませ、直ちに設営開始。
とても静かで綺麗なキャンプ場であった。先客で3張り程のテントは見えた。

混んでいるキャンプ場は嫌だけど、一人だけのキャンプ場も寂しいものなので、ちょうどいいかと言った感じ。設営が終了すると早めに終わってしまいそうな近くにある町営のお風呂

に向かい一日の汗を流した。この時に持ち物は小銭と着替えとキーだけだったのであるが、風呂からキャンプ場までの帰り道が真っ暗で、夜歩くならライト等が必要であった。

幸いにもキーに小型ライトを付けていたので、このライトで助かった。その後夜食のインスタントラーメンを食べて夜空鑑賞をしたかったけど、雲が多かったために諦め就寝した。