トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

人生は「引き算」で輝く(本当の自分に目覚める話)

著者:野口嘉則
知人に勧められて、図書館で予約2名待ちでようやく順番が来た。
20〜30分で読める本ですが、内容はとても深いものだと思います。
是非、読んでみて下さい。
物質文明の歪みが見事に表現されているかと思います。