トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

今日のくったりさん。

1週間の始まる月曜日の爽やかな朝に目に飛び込んできたのが、胃酸が
混じっている嘔吐物であった。

そこを通り過ぎると、その嘔吐物の元持ち主であろう若者が、嘔吐物の海に
自らの頭を浸しながら深い睡眠をとっていた。

普段なら、嘔吐物に目が無い鳩達が、群がるところだが、全く居ない。
そばに人が寝ているので遠慮しているのかもしれない。