トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

年末年始は栂池

年末年始の予定がなかなか定まらず、もたついている間に、色々な宿の予約が終了となり
マイカープランしか予約出来なくなった。


そんなマイカープランの中で、価格の安い栂池の1泊2日のコースを予約する事が出来たので予約した。
このコース、宿泊先が未確定で宿泊3日前にならないと宿がどこになるのかわからない。
それでも値段設定が幾つかあって、「民宿クラス」、「ホテルクラス」と別れていたので少し高い「ホテルクラス」を選択した。


申し込みが3日前だったので、すぐさまわかるかと思ったけど、教えてもらえず前日に
なってようやく宿が確定した。


その宿の名前は、地図や電話帳から調べると明らかに違った。最近になってオーナーが変わったのか?
理由は、わからないがホームページでの名称は合っていた。リフト乗り場から5分以内だが駐車場がないので


ゲレンデ側の駐車場まで移動する事になり、ゲレンデそばのメリットを感じることが出来なかった。


とりあえず初日は、ゴンドラ前の第1駐車場に車を停めていざゲレンデへ

すぐそばに足湯がある。

このゲレンデの広さを感じることができる「鐘の鳴る丘」

娘2人と記念撮影

時間は16時だけど、気象条件で暗くナイターモード

18時から食事だと言われていたので早々に上がり、時間前にはテーブルに着くとビックリ!
知らない客と相席なのだ。テーブルが満席ならともかく、テーブルが空いているのに、


知らないグループと同じテーブルに座らされて食事をさせられるとは驚くばかり。
民宿ならともかく、ホテルクラスの宿のはずだけど。。。民宿以下だよ。


食事も今まで宿泊した中では、最低クラス。
座ってから食事が出てくるのに10分以上もかかるし、風呂は21時までで終了と言われた。


ナイター滑ってからゆっくり風呂など入る事が出来ないではないか!
宿の風呂には入らず、外湯で疲れをとる事にした。


ハッキリ言って、二度と利用したくない宿だと私は感じた。