トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

久しぶりのメンバーと共に

妙高池の平で滑る事になった。

朝6時「道の駅ふじおか」で待ち合わせとなり、自宅を2時に出た。
一般道はガラガラで約2時間で集合場所に到着。まだ外は真っ暗。
予め車の中に寝袋を積んでおいたので、集合時間まで車の中で寝袋に入り寝て待つことにした。


外が明るくなってきた6時30分頃、メンバーを乗せた車が到着。今日のメンバーは女性2名、男性1名の合計3名。
ほんとはもう一人男性が加わる予定だったけど、他の予定が入ったようで3名の編成となる。このメンバーは昨年以来の1年振り。


到着した1台の車に自分の荷物を移しいざ出発しようとしたら、早朝にも関わらず駐車場のおじさんが
寄って来て、自分の車をそのまま駐車するなら、有料駐車場に移動するように促された。


私達と同じように、ここで合流し、1台の車で乗り合いする人が多いのだろう。
そんな事もあり、少し手間取ったけど、6時30分過ぎにららん藤岡を出発。


運転手役さんが休憩なしで頑張り走ってくれたおかげで、約2時間で池の平に到着。
天気は予報と異なりドピーカンだった。久々に天気に恵まれたゲレンデで滑れることが嬉しかった。

午前のスクールに入るメンバーに鬼コーチ役が激を飛ばす!事前特訓の始まりだ。
鬼コーチは女子供にも容赦はない。。。。言い過ぎました。m(__)m

メンバーのスクール入りを見送り、2名で滑り始める。昨日のカントの影響なのか全く滑れない。
カントのせいだと決めつけて、すぐにカントの取り外し作業開始。すると。。。あまり変化はなく板がズレズレになる。


なにが悪いのか。。。技術がないのが原因だけど、原因のひとつはブーツの絞めがゆるいせいだった。
ブーツを締めると板のズレも収まった。


晴れたゲレンデは実に気持いい。
しかし、昼頃から暗雲立ち込める空になり、視界も急激に悪くなった。

午前中、スクールに入っていたメンバーと合流したが、天候は悪くなるばかり。
少し滑り昼食タイム。「森のビーフ・・・」店内は大混雑。席とりだけでも大変待たされてぐったり。


遅めの昼食を取り終えても天候は回復せず、リフト営業時間は残り1時間。
残り時間を3人で滑りゲレンデに「ホタルの光」が流れるのを聞きながら車に戻る。


ここのゲレンデはインターから近いので、すぐに高速に乗り藤岡を目指す。
思った程、道の混雑はなく順調に藤岡に到着。この間、自分だけぐっすり寝ていました。運転手さんごめんなさい。


妙高高原から約2時間で、藤岡に到着。「ららん藤岡」にあるラーメン屋で、地獄ラーメンを食べて解散。
あとは一般道でひたすら走り、約3時間で帰宅に到着。