トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

この日は町内会でのお付き合いで万座温泉に訪れた。

今シーズン初の万座温泉スキーに訪れた。ここだけは滑る楽しみは1/3くらいで残りの2/3の楽しみは温泉。
この日は天候と雪質に恵まれ、客足も好調のようで今まで万座で経験した事がないくらい大混雑。


スキーブーム全盛期に万座に来た事がないので当時を凌ぐ混雑なのかはわからないけど、ゲレンデそばの駐車場が満車で駐車出来ない。
宿泊先の駐車場も満車で結局ゲレンデから一番遠い日帰り専用駐車場に停めることになり、荷物の移動に一苦労。


チケット売り場もリフト乗り場も長蛇の列が出来て20本滑れたかどうかといった感じで、ゲレンデも混雑していて衝突しないように
スピードに注意しながら滑るのがやっと。朝日山ゲレンデが稼働していれば、お客も分散し混雑が緩和されていただろうと感じた。

雪質はパウダーで滑っても転んでも痛くないふわふわな雪。雪の結晶も見ることが出来た。
1日中、天候に恵まれ16時30分まで滑り、宿に戻ることになった。


今回宿泊する宿は万座高原プリンスホテル。ここのホテルのウリはゲレンデに近いことと石庭露天風呂。
ホームページで何度か見ていて、いつか入りたいと思っていた露天風呂だったので、とても楽しみだったけど、まずは内湯に入る事にした。


内湯は特記するほどの事もなく、ごく普通の内湯と小さい露天風呂が1つあるだけ。
お湯も万座特有の硫黄の強いものではなかったように感じた。


風呂から出て夕食タイム。いわゆるバイキングで、これと言って美味しいものもなく早々に食べ終え部屋に戻り横になったらいつの間にか爆睡。
石庭露天は22時までしか入れないので予め目覚ましで21時にセットしていた目覚ましが鳴り響き、目が覚める。急いで石庭露天に入る。


石庭露天風呂に入ってから気がついたけど、そこは混浴だった。男一人では目のやり場に困るばかりで、早々に退散。
部屋に戻り朝まで爆睡。


朝起きたら吹雪いていた。ゴーグルがすぐに曇り雪が付着して視界が見えずまともに滑ることが出来ない。結局1時間も滑らないで上がることになった。
後は温泉に浸かり昼頃には万座を後にした。

鬼押しハイウェーから浅間山を正面に臨む景色が好きですが、この日は雲が多く浅間山全体は見えませんでした。春になったら再度訪れてこの風景をのんびり見たいと思います。

春にはこのお店も冬眠から覚めてまた美味しいソフトクリームを食べられるのかな・・・