トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

今シーズン15回目に訪れたのは羽鳥湖スキー場

毎年、数回は訪れていたゲレンデだけど、今シーズンは初来場。
大宮から出発で、どこかで経由する事なく、ゲレンデまで直行で比較的渋滞に合いにくい東北道なので結構お気に入りのコース。
集合場所の大宮ソニックビル前を定刻通り出発。岩槻ICを目指す。


岩槻ICからも特に渋滞はなく順調な滑り出し。と思いきや、乗客の一人が運転手さんに話しかけている姿が見える。
高速走行中の運転手に話しかけるとは、余程の事がない限り。。。って、まさか、バスジャック!?


どうやら、トイレが我慢できない状況になったようで、運転手に相談していた。間もなく運転手から車内アナウンスで
一番近いSAに立ち寄る事となった。運転手に相談したのは20〜30代の小太りな男性。SAに着くまでとても辛そうな感じに見えた。


バスがSAに到着する前から待ちきれない様子で、ドアの前で待っている。バスのドアが開いた瞬間、トイレめがけて猛ダッシュの姿を
他の乗客が見て。「あの人のために。。。」と批判じみた会話が聞こえてきた。


暫くして、問題の乗客は何もなかったような表情でバスに戻ってきた。こいつは腹の立つヤツだと感じたのは私だけではないと思う。
バスはSAから再び走り出して目的地の羽鳥湖までノンストップ走行となった。

黒磯付近で雨が降り出した。一気にテンション落ちまくり。そして今度は雪に変わった。
バスは白河ICで高速を降りて、一般道で目的地の羽鳥湖に到着。

天気はめまぐるしく変わり、雪、曇り、晴れ。。。

雪のおかげで、ゲレンデコンディションはトップシーズン並になりgoodです。
そして、珍しくアルペンさんと同じリフトになるものの、一言も言葉を交わさず互いの板をチラミ。お互いにF2の板だけど
相手の板はSL。自分の板はシルバーファイル。相手の方が格上。

適度に空いていて連休とは思えないほど。

今回お世話になったバス。春日部ナンバーだからシンちゃんのキャラなのだろう。
運転手さんは、ヤクザ役で人気のある某役者にソックリな人でした。

帰る頃には、天気も良くなってきました。


バスツアー料金・・・4700円
飲食代・・・・・・・1000円
電車代・・・・・・・ 360円