トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

この時期に滑るのは初めて

5月の連休まで滑れると言う話は、聞いたことがあったけど、自分がその時期に滑る事は今回が初めて。
ホントは列車でガーラにでも行きたかったのですが、事前に予約が必要だったようでガーラは諦め、
渋滞には巻き込まれるけど、自分で運転しなくてよいスキーバスをネットで検索。


しかし、スキーバスの予約も終了していたので車で近場に行くことにしました。車となると
特に時間制限もないので、ダラダラ用意していたら午前2時を過ぎてしまい、このまま出発する事に。


今回、費用にこだわり往復下道。久々に深夜の下道を走る事になりました。深夜でも連休なので渋滞を懸念して
いましたが、全く渋滞なくタンバラの駐車場に早朝到着。リフト運行開始まで車内で仮眠。


7:30に目が覚めると駐車場もかなりの車で埋まり始め、キップ売り場ですでに人が並んでいました。
通常時より30分早い8:00からリフト運行開始のアンウンスを聞き、慌てて準備を始め8:00にはリフトに乗車。


ゲレンデ上部はまだ雪はありました。

ゲレンデ中腹部もまだいけそうな感じ。

ゲレンデ下部はもう、あちこち地面が露出してました。

ジャバ雪で足の疲れが早く出たため、14:30に上がることにしました。
せっかく早く上がったのでノンビリ温泉にでも入ろうと思ったけど、帰り道にちょうど良い
温泉が見つからず、渋川まで走った所で道の駅に隣接していた温泉に立ち寄る事に。

そばやさんが隣接していたのでソバでも食べようかと思ったけど、なぜか準備中。
売り切れたのかな?

渋川から前橋までの途中で少し渋滞したくらいで、後は順調に流れ、20時前には自宅に到着。

費用
・ガソリン代 2,980円(300km)
・リフト代  3,000円
・温泉代    250円
ーーーーーーーーーーーーーー
合計 6,230円