読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

2016-2017シーズン29日目は野沢温泉

<野沢・白馬47ツアー1日目>

 

4月1日(土)

自宅を3時30分に出発。4時に第一集合ポイントで初顔合わせのマイミクさんを1名

ピックアップ。

5時前に第二集合場所に到着。

 

自分の車をお馴染のマイミクさんの駐車場に停めさせて頂き、マイミクさんの車に荷

物を載せ変え出発。

予定時刻より早めに川越ICから関越に乗り順調にスタート・・・

 

のはずが、自分の車にスマホを置き忘れるポカで鶴ヶ島から川越にUターンする事に

なり約30分のロス。

毎度、なにかやらかす自分は猛省が必要。

 

順調に高速を走り、上里SAでマイミクさんを1名ピックアップ。計4名のツアーがス

タート。

上信越道の横川付近からトップシーズンを思わせる雪景色の風景だったけど、山間部

を下るにつれて

雪景色は普通の景色に変わり、気温も上がり始めゲレンデコンディションが気にな

る。

 

8時過ぎに目的地の野沢温泉に無事到着。メンバーは当然1日券を購入。

しかし、自分は先日の丸沼でやらかした足の怪我で1日滑るのはあきらかに無理なの

で、

 

半日滑るか、全く滑らず湯治にするか迷い始める。

しかし、ここまで来たら滑りたい気持ちが勝り、午前券を購入。

 

メンバーと一緒にゴンドラに乗り会話をしているとアッと言うまにゴンドラ降車場に

到着。

ゴンドラ降車の際、手袋を置き忘れたが同乗した仲間が忘れ物に気が付き助かる。

 

次から次えと、落し物も・忘れ物が続き、「まるで健忘症の総合総社や!」みたい

な。。

標高が上がる程、締まった雪質で思った以上に良ったけど、足の痛みで踏ん張り切れ

ず転倒。

 

その際、また捻ってしまい「ズキン!」と怪我した足首が疼いて滑る気力はほぼ0

に。

ここで止めるとリフト代がもったいないと貧乏こあとは、午前券が終了するまでは、

軽く流す滑りのつもりが、次の転倒を誘発し最終的に何回転んだのだろう。。

 

とりあえず13時に自分だけは終了。メンバーと近くの食事処で遅めのランチタイム。

少し麺がのびた「自慢の味噌ラーメン」を食べ終わる頃に職場からLINE連絡が入

る。

 

なにやらシステムトラブルで、残っているメンバーでは対応できない様子との事で連

絡を

入れて障害回避を指示して一安心。

 

その後は、自分だけ車に戻り、メンバーが終わるまで車内で待機。

15時過ぎにメンバーが上がり、本日の宿がある湯田中温泉郷に向かう。

 

宿に行くまで気が付かなかったけど、湯田中は昨シーズン五竜の帰りに寄り道した温

泉駅の

側である事を温泉駅を見てから思い出し、ここでも頭がボケている事を痛感。

 

宿は値段から想像していたものより綺麗で洗練された和の空間で、海外旅行客を意識

した

作りだと感じた。リーズナブルに和のテーストを感じたい外国人には最適だと思え

た。

 

勿論、自分も快適に過ごす事が出来て、この宿を予約してくれたマイミクさんに感

謝。

チェックインを済ませ、近くにある立派な温泉ホテルの湯に入り、

近くの「居酒屋+定食屋+スナック」のようなお店で夕食を食べる。

 

そしてコンビニでお酒のつまみを購入し宿の歓談室で明日の予定について打合せ。

2日目の予定を明確にしていなかったので、合流予定の関西チームのマイミクさんに

連絡を

して集会場所を白馬47で確定となった。

 

23時前に解散し各自部屋で就寝。