トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

都内の有名観光スポットシリーズ「神宮外苑の銀杏並木」

今年訪れたタイミングは遅かったようで、既に散った状態に近く、道路は落ち葉が粉々になり路面が真っ黄色。
子供達は落ち葉を拾い集め、頭上にまき散らし楽しむ様子は、とても微笑ましく小さい子供が愛おしく見えました。




帰宅後、車探しのために近所のマツダに訪れた。
10年前、新車を購入した時、新人だった営業のT君、今でも同じ営業所に居て、貫禄も十分。
今回は「プレマシー」に試乗。


正直、購入リストの対象外だったけど、とりあえず乗ってみたら、その乗り味がとても気に入り俄然欲しくなってしまった。
デザインも大柄だけど、良く見えた。しかし、肝心の燃費がイマイチなので、購入決意の決定打には至らない。


マツダ自慢のスカイアクティブエンジンを搭載しても16KM/Lは、今の省エネカーの中ではあまり良い方ではない。
ネットでも燃費の評価はあまり良い記事を目にしない。


現段階での購入対象車は「ソリオ」「プレマシー」の2台に絞られた。クラス分けすれば同じ土俵に乗る車種ではないかもしれないけど、
自分が購入選定するのは1台なのだから、選定条件の優位性をどこにするかになる。


優先度は「低価格」「低燃費」「積載性」の三要素で決めたいと思っていた。しかし、プレマシーに乗ったら「乗り味」「デザイン」の趣向性要素が気になり始めて
しまい、車種選定の昏迷を深める結果に繋がってしまった。
個人的には以下の評価となっている。
・ソリオの優位性・・・・・「低価格」「低燃費」
プレマシーの優位性・・・「積載性」「乗り味」「デザイン」