トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

JSBA C級インストラクター認定講習会

5/24、5/25の2日間でC級イントラ講習会に参加しました。
2000年から出来た制度のようで、1級さえを持っていれば講習会に参加するだけで頂けるものとの事。


ここから上の級(B級、A級)は、実技・学科試験に合格しないと頂けない級で、ある意味本物の方達が
取得する級になるかと思います。勿論、私はここまでが限界点となりますので、後はマイペースで
楽しんで行きたいと思います。


今回、関東地区の講習会場は「日赤東京都支部」で、新大久保駅から徒歩10分くらいの場所にあります。
地下鉄の駅だと真ん前にありますが。。。


新大久保は学生の頃にアルバイトで通っていた街なのでとても懐かしい場所でもありました。
その頃は、ちょっと荒れ果てた雰囲気のある街の印象でしたが、今では全く異なって韓国系のお店が
数多くある韓国タウンに変わっていました。

新大久保駅からテクテク歩いて会場に到着。「日赤東京都支部」

この講習会は時間にとても厳しいと聞いていたので、受付開始時刻の30分前に到着しました。
既に会場ではセッテッング作業が行われていて、受付が始まる時間を暫く待つことになりました。
玄関先にあった案内板。

受付開始予定より早く受付が始まったので、受講票とJSBAの会員証を提出して受付を済ませて
決められた席に着席しました。決められた席は最前列で寝る事は許されない席でした。
日赤東京都支部の2階が今回の講義室。

1日目の午前中は救急法講習。
最初の30分くらいは、プレゼンソフトによる救急法に関する講義でした。
残りの時間は二人一組になり、三角巾を使った実技を行いました。
既に忘れてしまいましたが、なんとか結びが出来なくて。。。
私と組んでくれた方は、栃木の宇都宮から来た方で、新宿で宿泊しての参加と言っていました。
なかなか気さくな若者で、終始笑いながら行っていました。


講師の方は日赤職員の方でしたが、A級イントラもお持ちの方で、トークが上手で楽しく受講出来ました。
昼休みをはさんで、午後からいよいよスノーボードに関する講習となります。


講習開始早々に、簡単な小テストがありました。この小テストは15問で正解の数によりA・B・C評価
の三段階に振り分けられて翌日までの宿題の量が変わってきます。因みにA評価は15〜11問正解者になります。


予めネットで宿題の量が多いと聞いていてビビッていましたが、回答の仕方にもよりますが数時間で終わる量かと感じました。
A・B・Cの量はさほど違いはありませんでした。因みに自分は10問正解のB評価でした。


2日目の午前・午後も講習。午後宿題の回答を実際にどうするのか3人一組でインスト・生徒役にふんして行いました。
これがなかなか恥ずかしいものでした。

そして全ての講習が終わると、講習修了証明書を頂けます。

しかし、これだけでは済まないのがミソ!
更に資格申請書を申し込みが必要で1.6万円の支払いが待ってます。
当初の目標だった1級で終了するつもりでしたが、受講するだけで頂けるC級イントラを知りC級イントラまで頂きましたが、
自分の知識・テクニックでは人様に恥ずかしくてC級イントラとも言えませんが、わざわざ言う相手もいないので
そんな心配も不必要かと。。。


兎にも角にも、目標をとりあえずクリア出来た事は自分なりに喜びがあるかと思いきや、なんとなくモヤモヤした
気分が付きまとっています。自分が目指していたものは、これではなかったのかなぁ。。。。