トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

天気予報外れる

5時起床。タップリ睡眠のとれた朝は目覚めもいい感じ。
朝風呂に入り、身支度を済ませた後、宿の食堂でモーニングサービスのパンとコーヒーを頂いた。
食堂の窓の景色は吹雪。昨日の予報では晴天だったけど、大雪注意報に変わっていた。


悪天候では、急いでゲレンデ向かう気力はわかない。なんとなくマッタリした感じで
コーヒーを飲んでいると。。。気が付いてはいけないものに、気が付いてしまった。


対面に座っているレイさんの。。。の。。。。が半開きになっている〜(゜o゜)
言っていいのやら、悪いのやらで、結局なにも言えなかった。異性には言えないよね〜


7時30分頃、宿を出るが玄関はまだ除雪前で、深雪が降り積もりズブズブと埋まる。
少し離れた駐車場まで辿り着くまでにかなり時間を要した。車は深雪に埋もれているため


また宿に戻り雪かきショベルを借りて、汗だくになりながら雪かきをした。そんな作業の
終盤、レイさんが荷物を宿から運び出してくれて助かりました。


約8時に出発、宿から5分でゲレンデなので、行動が多少遅れてもなんてことはない。
ゲレンデ側の駐車場に到着し、案内係りの誘導で駐車場の一番に奥に停める事になった。


なんで早く到着したのに、こんな場所に案内されるのか少し不満に感じつつ準備を進め
ゲレンデに向かう。既にロープウェイの行列があるものの、ロープウェイは動いていない。


強風のために運転見合わせ?アンウンスでは除雪作業が遅れている様子。
暫く待っていると、エッツさんが現れたので、エッツさんと合流。


3人でロープウェイに乗り込んで暫くすると強風で一旦停止。強風の音と
ロープウェイが揺れる感じがなかなかのスリル。


山頂に到着し自分はコンタクトを挿入するため、山頂にある施設に入る。
コンタクト装着3回目だけど、未だに慣れず約10分格闘の末、装着完了。


滑り出せる状態になったら、ごはんさんが到着する時刻に迫っていたので
このまま下山してお迎えする事になった。しかし、初めてのゲレンデで視界も悪く


下山する方向が良く分からず滑っているとどうやら、下山と異なるコースに入っていた。
そんな時、エッツさんが声をかけてくれて下山コースを先導してくれる事になり大変助かりました。


無事に下山し、待ち合わせ場所で待てども待ち人現れずで、状況を確認した所どうやらバスが
遅れているとの事。その間、レイさんとチャットでおしゃべり。今回のツアーは滑っている時間より


チャットしている時間の方が長かったかもしれません。(^^;)
なんだかんだで、予定より約1時間遅れでごはんさん到着。昼近くに山頂のメンバーと合流。


そのままランチタイムで途中からたかなさんが合流。ランチタイム終了後、みなさんと一緒に
初心者バーンを滑ることになり、エッツさんやつらちゃんに指導頂きました。


15時頃に解散、ごはんさんとレイさんはロープウェイで下山。私一人寂しく滑って下山。
ロープウェイ乗り場で再び合流し、車でレイさんの宿の側まで送り、ごはんさんを長野駅まで
送り、長野ICから高速でひたすら走り、21時頃自宅に到着。