トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

先週に引き続き週末はカヤック

今回訪れた場所は群馬県の山深い場所にあるダム湖です。色々なホームページで素晴らしい写真を見る事が出来ると思いますが
そんな素晴らしい写真に魅せられてカヤックを購入する事になったので、奥利根湖は自分にとって来なくてはならない場所でした。

いつもなら大渋滞を覚悟しなければならない時間帯に関越を利用しましたが、渋滞に遭遇せず目的地の奥利根湖まで辿り着く事が出来ました。
現地に到着したのは10時を過ぎていました。ここは八木沢ダムで出来た湖でトイレや見学施設も整っていました。駐車場は無料で30台との事。

初めての場所なので、予めネットで出艇場所や手続きが必要な情報はインプットしていました。出艇場所付近に管理人さんの小屋がありそこで出艇に関する予定表を記入し提出。

この予定表に記入した戻り時間より過ぎた場合は、遭難したとみなされて緊急連絡先に連絡が入るとの事なので、時間に余裕ある行動が必要のようでした。


出艇場所付近に一旦荷物とカヤックを降ろして、駐車場に車を戻す事になります。ガードレールの先が水の中に。。。

出艇場所は貯水量によって変化するようですが、今回は流木の少ない写真付近を出艇場所にしました。

出艇しガーミンGPSで現在位置を確認。携帯のマップ等でも現在位置がわかるのですが、電池の持続時間が全く違うのでガーミンは心強いです。
出艇後、約1時間が経過したので休憩する場所を探しましたが、貯水率が90%を超えていたためか、なかなか漂着出来る場所が見つかりませんでした。


場所を探すこと約10分、漂着可能と思われる場所があり、そこで休憩する事にしました。
キャンプ用の小型コンロでお湯を沸かしてコーヒーを飲み、パンを焼いて静寂な湖畔を眺めると非日常的な時間が心地よく時間がアッと言う間に過ぎてしまいました。



流木が多かったですね。


湖面を約3時間散策し、14時30分に無事に戻ってきました。
その後は艇を乾かし、着替えの後に分解し車に積み込み。

紅葉の時期にまた訪れる予定です。