トリシュナーのブログ

地球や自然にとって、優しい存在で居たいと最近感じるようになりました。 人の役に立ちたいと言うより、自然や動物達の役に立ちたいと願う気持ちが芽生えてきました。 大半の人間は、生活の利便性を追求・優先し、その代償として地球や自然を破壊している愚かな生き物 で、自分もその中の一人である事に自責の念を抱いています。。。 他の生物の命を大切にせず、自然を破壊している人間が、このまま栄えるはずもなく、いつか滅びる運命なのだと思います。そんな愚かな人間の中の一人です。

孤独な敗者の独り言

今シーズン初滑りは丸沼

前日までどうするか迷っていたけど、何もしないで休日を自宅で燻っているなら、どこかに滑りに行こうかと
色々探していたら、前日でも間に合う格安のオリオンバスツアーがあり、「丸沼高原コース」を申し込んだ。
ツアー費用は3800円。


この値段は1日チケット料金と同等。バス代金がタダのようなツアー料金。
まだゲレンデがフルオープンになっていないからこその料金なのだろう。


車は既にスタッドレスにしているから車で出動可能だけど、費用を考えると半分以下だしシーズン初日で、
コースもフルオープンでない事から、少し滑れれば十分だと思うと費用の安いバスツアーを選択。


集合場所が新宿なのがチョット大変だけど、料金が安いから仕方ない。
地元駅から集合場所の新宿まで電車だけなら20〜30分だけど早朝時間帯で乗り継ぎが悪く、大きなボードケースを持っての移動なので
1時間を見越した方が無難かと思い、5時半頃の電車に乗る事にした。
そのため前日は早寝したい所だったけど、なんだかんだで、いつもの時間帯に就寝。


当日朝の5時10分起床。
5時27分地元駅から電車に乗る。この時間はまだ暗く空には星が光っていた。
ちなみに写真の駅は乗り換え時に撮影した田端駅。普段見ることがない閑散とした雰囲気がいい感じ。

6時ちょい過ぎに新宿駅に到着。大きいボードケースを抱えての移動なので駅構内のトイレで用事をすませ
集合場所の新宿都庁の地下駐車場に向かう。集合場所は既に大勢のお客が居て若い人ばかり。
私のような寂しい中年のヒトリストもちらほら居るようだった。

出発予定の7時になりバスが出発し、駐車場を出ようとした所で、前方に座っていた外人さんが席を立ち、運転手さんに「トモダチ」と外を指さしている。
どうやら友人と別々のバスになったようだけど、一緒に乗せてくれと頼んでいる様子。


周辺に居たスタッフ達がなんとか調整した事もあり、予定より10分程度遅れの7時10分に都庁を出発。
団体行動のバスツアーだから、なかなか時間通りには行かないものだ。


バスは安いツアーバスにありがちな狭いシートアレンジだった。そしてヒトリストの特権のような2座席を一人で利用するような事も
満席に近いこの日は出来ず、窮屈な思いをする事になる。隣の人と肩や足がぶつかるのだ。友人や奇麗な女性ならともかく、他人の男性と


このような距離感で長時間居る事は、かなりのストレスになる。これが一番バスツアーで不満なところ。
ちなみにオンシーズンでも平日ならガラガラでノビノビ出来るので、平日休める人は平日のバスツアーをお勧めしたい。


バスは一般道で関越の練馬ICまで走り高速に入る。心配していた渋滞もなく順調に進み、9時30分前には沼田ICに到着。
ここから一般道で目的地の丸沼を目指す。一般道も順調で10時20分に丸沼に到着。


どこのゲレンデもそうだけど、ツアー客に対する更衣室やロッカーが全く足りていない。そんな状態で滑る準備をするので時間がかかる。
11時ちょい前にゲレンデに出る。

フルーオープンではないので、一番下のリフトは一基しか動いていないため、客が集中し大混雑。

次に登るリフトも大混雑。写真だとガラガラに見えるけど、ほんとに混んでました。

リフトに乗るとコース外の積雪がまだ少ないのがよくわかる。
ちなみにリフトに乗ると寂しいヒトリストなのか、正体がバレテしまうのだ。(^^;


ましてリフト待ちで列に並んでいる時、変なボードだと言わんばかりに、古くてデザインも地味なアルペンボードを見る視線を感じると恥ずかしくなる。
気の弱いヒトリストの中年男性は集団の若者視線にはとても弱いのだ。

ちなみにこの日はYONEXの試乗会をやってましたが、テントの周囲に人は少なくどれくらいの人が試乗していたのかな?
この日、自分のボードもYONEXだったけど、アルペンボードは置いていなかった様子だったので、近寄りませんでした。

バスの集合時間は16時30分なので、16時までなら滑ることも可能かと思ったけど、リフトが混雑している事と
初めての靴で足のかかと部分が合わないようで、痛みが強くなってきたので14時に上がる事にした。
なので、この日は11時から滑り14時まで休憩なしで3時間の滑走で終り。


早々に着替えを済ませ、このツアー参加のもう一つの目的であった温泉に入る事にした。
この時間から風呂に入る客は少ないようで、私の他には1名しかいなかった。冷えた体に温泉は最高!
湯加減も自分好みで長く浸かっている事が出来て、至福の時間をタップリ味わえました。


約1時間ほど温泉に浸かり15時には帰り支度完了。
集合時間までにまだ1時間もあるけど時間を潰す場所もないので館内の椅子に座り温泉で火照る体を冷まして時間を潰す。


その間、沢山の若者達が目の前を通り過ぎたけど、ボードウェアとスキーウェアの違い過ぎる事になんとなく違和感を感じた。
集合時間30分前の16時にバスに戻りバスに乗車。運転手さんとしばしお話をする。運転手さん曰く、今年はオープンする時期が早くなっているとのこと。



16時30分集合時間に近づくと雪が本降りになってきた。

20時新宿到着。西口付近で下ろされた。お腹がすき気味だったので何か食べたい所だけど、大きなボードケースでお店に入るのは大変だ。
でもバスから降ろされた目の前に「東京チカラめし」があったので、そこでいつものように一人寂しく夕食を食べる。
注文したのは「四川麻婆豆腐丼」390円。店内はみそ汁つき。

この日、初めて「東京チカラめし」で食事をしたが、雰囲気は「吉野家」や「松屋」のようなオープンキッチンタイプでいわゆるファースト
フード系で気楽にお店に入れる感じ。最近、このお店を見る機会が増えたように感じるのは気のせいなのか。。。
この日の費用は以下の通り。

・ツアー参加費(バス・リフト代込)・・3800円
・朝食代(パン2個)・・・・・・・・・ 400円
・飲料代(ペットボトル3個)・・・・・ 450円
・ロッカー代・・・・・・・・・・・・・ 300円
・お菓子代・・・・・・・・・・・・・・ 350円
・お風呂代・・・・・・・・・・・・・・ 600円
・夕食代・・・・・・・・・・・・・・・ 390円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計 :6290円

オンシーズンのツアー料金に比べ2000〜3000円安いから、安く済んでいるけど
予定より使い過ぎた〜